日経WOMAN 7月号に掲載されました

【図解】債券(社債)とは?投資初心者・教育資金の運用にオススメな理由

社債のきほん

こんにちは!元証券ウーマンのさぶ(@sabu_1985)です。

このブログをよく見てくれてるかたはご存知だと思うのですが
債券、とりわけ個人でも買える社債推しの人間です。

本気でお客様のためになる商品はこれだと思って売ってました。
後述しますが、証券会社的には儲からないんで上司にはウザがられてましたw

おすすめの理由をじっくり言語化してみたいと思います。

投資初心者に債券(社債)をおすすめする理由

 

なぜ社債をおすすめするのか

  • ①満期時に額面金額が還ってくる
  • ②定期的に高い利息を受け取れる
  • ③投資の中でもリスクが低い
  • ④売買手数料が無料

株と債券の大きな違いは「出資」と「融資」の違い

株と債券にお金を投じるのはどちらも「投資」ですが、両者には大きな違いがあります。

 

あなたは今100万円持っています。
そのお金をA社に「出資」または「融資」するつもりです。
この「出資」と「融資」の違いは?

「出資」は資本にお金を出すこと(A社に返済義務はない)
「融資」はお金を貸すこと(A社に返済義務有り)

ここでピンと来た方も多いと思います。

出資=株を買うこと

融資=債券を買うこと

なのです。

債券を買うことは、企業に融資するということ。

期限になれば、元金が返済されますし、
その間の利息を受け取ることもできます。

①満期時に額面金額が還ってくる

債券 仕組み

債券を買うことは企業に融資することです。

3年ものの社債を購入すれば、3年後に満期になるので投資元金が還ってきます。
5年ものの国債を購入すれば、5年後に満期になるので投資元金が還ってきます。

これは定期預金でいうと馴染みがあってわかりやすいですよね。

3年定期に入れたら3年後に元金が受け取れます。

この預け先が銀行でなく、国や企業に変わっている形です。

ちなみに、債券はお金を貸す先で名前が変わります。

債券②

②定期的に高い利息を受け取れる(インカムゲイン)

インカムゲイン

毎年、1万円の利息を受け取ることができます。

こちらも定期預金で考えると馴染みが出てきます。

3年定期にいれると、毎年利息がつきますよね?
債券も同じです。
企業から「お金を貸してくれてありがとう」と利息が支払われます。

定期的に利息が入り利益が上がることを「インカムゲイン」と呼びます。

もう一度定期預金と比較します。
今三菱UFJの定期預金(スーパー定期)は
1年でも10年でも「年0.01%」です。

先日発売された満期1年のマネックス債で「0.35%」、
満期2年のSBI債で「0.48%」、
満期7年のソフトバンク債で「1.57%」です。

預け先を社債に変えるだけで、
利息収入はマネックス債で35倍もの違いがあります。

税金について定期預金・債券ともに利息に20.315%の税金がかかります。
(所得税15%+復興特別所得税0.315%+地方税5%)

③投資の中でもリスクが低い

債券 リスク

銀行預金ってなんで利息がつくかご存知ですか?
「住宅ローンで個人にお金を貸す」
「企業に融資してお金を貸す」
といった金利収入・手数料収入以外に
預かった預金を「国債」で運用しています。

国債…つまり国の「債券」ですよね。

上の図のように、国内債券はリスクが金融商品の中で最も低い位置づけです。

国内債券のリスクが低い理由としては
・融資しているという投資形態なので元本が還ってくる
・日本円で投資するので為替のリスクがない
といった所でしょうか。

その代わりにリターンも小さいです。

ですが、銀行預金に預けるよりはリターンが数十倍なのは先述したとおりです。

債券のリスクは?唯一のデメリットは倒産・破綻リスクです。社債という名前が付いているとおり
会社の債券となっていますので、
当該企業が倒産してしまうと元本割れになる可能性があります。
国債の場合は、当該国が破綻してしまった時です。そんな時、倒産するかどうかのリスクを外部の格付機関が調査していますので
この格付け情報を目安に投資先を決定すると良いでしょう。

④大手証券会社でも購入・売却手数料が無料

手数料の考え方最近は、若い方も投資できる環境になり
ネット証券の口座をお持ちの方も多いと思います。

ネット証券に口座を開く最大の理由は「手数料が割安だから」だと思います。

しかし、債券については
野村證券や大和証券や銀行系証券の店頭で買っても手数料は無料です。

債券は融資です。
ですので手数料は借りる側の企業が負担します。
債券の価格の中に既に手数料が含まれている状態
なのです。

だから、
債券はどこの証券会社で債券を買っても
投資家の私たちは手数料は無料なのです。

野村證券

野村證券

わかりやすく「無料」と書いてあります

大和証券

大和証券

「購入対価のみ」
⇒債券の価格のみでお客様からの手数料は必要ないという意味です。

 

マネックス証券

マネックス証券

「取引価格に必要なコストが含まれているため、購入対価のみ」
⇒一番正しい説明ですね。

(余談)販売する証券会社は旨みが少ない

証券会社としてはそんなに美味しくない、債券の販売…。
手数料の話は別途記事にしてみました。

 

まとめ

お金の仕組み

 

債券・社債について少しは身近に感じてくれましたでしょうか。

人気の社債は瞬間蒸発です。
7/9に発売されたSBIの社債も12時間ほどで完売したようです。

個人的には、社債の投資用に大手証券会社に口座を開設するのもいいのではないかと思っています。

店頭で口座を開いて
優しいお姉さんに手ほどきを受けながら投資デビューするのもアリです。

手数料の話を書いてしまいましたが、
基本的に店頭のお姉さん(これ重要!)はお客様に寄り添う清い心の方が多いので怖がらずに証券会社に相談してみてくださいね!

これからも良い条件の社債情報が手に入った時にはお伝えしていきます。

今回記事にするにあたり参考にした書籍

私の使っている証券会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です