日経WOMAN 7月号に掲載されました

携帯代が数百円に!格安SIMで年間18万円の節約に成功

こんにちは!
元証券ウーマンのさぶです。

お金を貯めるにはまずは固定費削減!
格安SIM「mineo」に乗り換えてちょうど半年
節約の効果が半年で9万円も出たのでこのマイネオの素晴らしさをお伝えしたいと思います。
私のインスタ史上最もフォロワーが増えたのがこのpost

さらに、マイネオのキャンペーンも始まって、迷っているなら今というタイミングがやってきました。

格安SIMってなに・・・?

ドコモ・au・ソフトバンクの3社を大手キャリア(以下キャリア)と呼び
そのキャリアの空いている回線を間借りしているのが格安SIMです。

高速道路をイメージしてください!

高速道路が通信回線
そこを走る車が各ユーザーの通信です。

この高速道路を持っているのはキャリア3社だけ。

高速道路が整備されていて、もっとたくさん車が走っても大丈夫な状況です。
そこで渋滞していない時間だけ、「他の業者の車も通ってもいいよ!」と許可されたのが格安SIMです。

渋滞していない時間は
普通にキャリアと変わらない速度で通信ができて
世間のみなさんが一斉に携帯を触る時間(朝の8時台と昼の12時台)は遅くなってしまいます。

しかし、朝の8時台や昼の12時台は家や会社でwi-fi環境で携帯を触るという方はこの渋滞には関係しませんのでほぼキャリアと同じように携帯を使いこなすことができます。

格安SIMにする前の我が家の状況

FPさん

節約の第一歩は固定費削減から 💡 携帯代を見直すだけで年間かなりの金額を浮かすことができますよ

乗り換える前の我が家の状況

 

さぶ夫au 7516円

※機種代 3500円込

 

 

さぶ妻au 9,600円

※機種代 4892円込

 

 

auひかり   5943円

タブレット   3225円

合計 26,284円

毎月通信費が2万6,000円
年間にすると31万2000円

た、高すぎる~~~ 😥 

さぶ

なぜマイネオにしたのか

先ほどの高速道路の話を思い出して欲しいのですが、この高速道路(通信網)をどんな格安SIM会社の車(携帯電話)も通れるわけではありません。

ドコモならドコモ系の格安SIM
auならau系の格安SIM

というのが存在しています。

今auを契約していて、iphoneを使っているとします。
このiphoneはすでにもうauの道路を走る仕様になっているので格安SIMもau系のものを選ぶのがおすすめとなっています。

さぶ夫

だから我が家もau系の格安SIM会社を検討したんだよね

au回線で人気があるのは「UQ mobile」「mineo」でした。

特にマイネオはドコモ系とau系の通信回線を選べるようになっているので
ドコモユーザーにもauユーザーにもオススメの会社となっているのです。

実際にマイネオに乗り換えてみた!

乗り換えた実際の手順

マイネオに乗り換えた実際の手順はこちら

⭐電話でMNP番号を取得!
⇒店頭に行かなくてもOK
電話で長々と引き止められるので心を鬼にして臨む

 

⭐まずは妻から申し込んで旦那を紹介プログラムで紹介

⇒アマゾンギフト券がそれぞれ1000円分もらえました

たまたまこの時にキャンペーンが走っていて
「1年間900円割引」のキャンペーンをお互い適用することができました。

\ 現在のキャンペーンはさらにお得 /


 

 

割賦金(分割代金)は支払い中

主人は乗り換えのタイミングで分割の支払い代金が終わりましたが
私はまだ分割の支払い金が残っていました。

この残りの機種代金は2つの方法から支払いを選べます。

⭐一括支払い

⭐引き続きキャリア口座から引き落とし

私の場合一括で支払うのは2万円少し必要だったので、auで支払っていた口座での機種代金の引き落としを継続しています。
ここに利息や手数料は発生していません。

ただし毎月割などの割引は適用されません。それでも格安SIMに乗り換えたほうがトータル的にはコストがさがるはずです 💡 

さぶ

店頭に一度も行くことなく手続き完了

番号をそのまま利用するMNPであれば解約を携帯ショップの店頭に行く必要もなく、電話で完結することができます。

忙しい方でも、まずはMNP専用の電話窓口に電話をしMNPをしたい旨を申し出てMNP用の番号を取得しましょう。

乗り換え後の感想

現在、育休中の私は普段家ではwi-fiが飛んでいるので本当になんの不便もなく毎日を過ごしています!
使用感はauの時と何一つ変わっていません!
もし育休から復帰しても、私は社用携帯を付与してもらえるので日中は基本会社の携帯を使うのでこちらも問題なさそう。

旦那の方はお昼休みがぴったり12時からなので、やはりお昼どきのwebの表示に時間がかかるようです。
LINEを使ったりSNSを開いたりする分には問題ないようです。

節約できた金額は 15,420円/月

乗り換え後の我が家の状況

 

さぶ夫 マイネオ 815円

※機種代払い終わりで0円

 

さぶ妻 マイネオ  606円
+機種代     3500円

 

auひかり      5943円

合計 10,864円

さぶ夫

は、は、半額以下ですやん~~~!

びっくり、半額以下です。

これを機にタブレットは断捨離!
家の中でwi-fiに接続すれば変わらず使えるのでさっさと解約して大正解です。

また機種はauのものをそのまま使っているので、さぶ夫の分は払い終わりました。
そのままauでいれば、「24ヶ月終了したから、新しい機種に変えようかな~♪」となるところですが、せっかく格安SIMにしたので機種変もすることなく使っています。

まとめ:節約で削るべき項目は食費ではなく携帯代!

マイネオに乗り換えるまでは携帯代って生活していく上での必要経費だと思っていました。

しかし、勇気を出して格安SIMに乗り換えて分かりました。

「あ、格安SIMでまったく問題ないわ」
「お金ドブに捨ててたわ」

と・・・。

私はマイネオに乗り換えることで月15,420円の節約に成功しました。

1ヶ月 1万5420円節約

1年 18万5040円節約

10年 185万円節約

さぶ夫

185万なんて、俺の小遣いじゃ一生かかっても貯められない

年換算すると効果の大きさがわかります!

手取り収入を185万円増やすためにはどれだけ働けばいいでしょうか。
投資で185万円儲けるためにはどれだけの大金を動かす必要があるでしょうか。

携帯代って必要経費だから削られないわ…
とこのまま諦めていたら車1台分くらいの損をするところでした。
勇気を持って変えれて本当に良かったです。
おそらく今出来る得る最高で最大の節約です。

スーパーで1円でも安い食材を探すよりも遥かに効果が大きい!
しかも1度見直せばしばらく放置で大丈夫♫

これを読んでいるドコモ・auユーザーの方の背中を押せたら幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です